トヨタ式カイゼンで品質、生産性改善を図り利益の出る工場にします、静電気対策およびゴミ対策のコンサル、教育も実施しています

Kaizen 基礎教育

改善(かいぜん)の一般的意味は悪い状態を改めて善くすることであるが、製造業で用いられる用語として

の改善は、工場の作業者が中心となって行うボトムアップ活動のことである。

Kaizenとは?

1.知恵を生産設備に織り込むことで、同じ設備を使う他社に差をつける。

2.不足するものをすぐに買うのではなく、自分達で製作・改造することで、大型投資を抑制する。

3.改善は会社命令で実行するのではなく作業者が自分で知恵を出して変えていく事が大きな特徴。

4.企業側はQCサークルなどの形で活動を支援することが多い。また、改善は一度行ったら終わりではなく次々と改善を行っていく持続性、継続性が重視されている。

Kaizenの歴史

.現場サイドでの生産性、品質の向上の為の作業方法変更、治工具使用はどの国、どの時代でも実施されてきたと思うが『現場で即時、お金をかけず生産性、品質を向上をさせ経営システムに作業者の知恵を体系的に取り入れ、活用し、成果を上げたのはやはり『トヨタ』が最初である。

①豊田佐吉・・・人偏のついた自働

②豊田喜一朗・・・ジャスト イン システム

 ③大野耐一・・・トヨタ生産方式の体系化

 

Kaizen&Innovation

Kaizen型 生産向上は過大な時間、お金を費やさず生産性を向上される事ができ、参加メンバーも現場作業者も含める全員である。又、一度のその運営システムが構築されると良き風土となり、他会社にマネされにくい。

【特徴】

1.莫大な費用、時間かからない。

2.作業者を含めての人材育成が可能である。

3.日常発生する問題に対応できる。

4.マネされにくい。

5.即時実施

 

Powerpointで作成した資料をSlideshareにアップしています、参考になれば幸いです

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 7 =

*